本文へスキップ

 ユニチカユニオン

2017作品コンクールCONCOURS

文芸の部 俳句

特選 入選 佳作 (敬称略)
日頃なにげなく頭に浮かんだ言葉をすぐメモ帳に書きとめておくこと、俳句には物と物との取り合わせ、関わりをもたせることが大切です。それを発揮するのが中七の役目です。日頃から言葉をつくっておく。一つの勉強方法として心にとめておいてほしいです。(講評抜粋)
赤蜻蛉 あの人探し 飛んでゆく
ふと三木露風の「夕焼け小やけの赤とんぼ」の情景が浮かんできます。あの人を探す赤とんぼに、さまざまな空想をかきたてます。若しや、十五で嫁いだ「ねいや」のことも・・・。美しい夕焼けも想像させた句です。
土居 貴志 岡崎
夏の夜 咲いてすぐちる 揚げ花火
威勢よく打ち上げた花火。夏空に大輪の花を咲かせたが、すぐ消えてしまった。花の命は短いのです。
佐竹 高明 垂井
せせらぎの 音に混じりて 蛍とぶ
夕方、耳に囁くように軽やかに聞こえるせせらぎの音、小川の叢(くさむら)に微かに光る蛍の火。まるでせせらぎの音に息づいているような蛍たちです。
長田 直樹 垂井
朝顔や 朝の一番 鮮やかに
爽やかな朝の目覚め。庭に咲いた朝顔は夜露に濡れていました。なんとみづみづしい鮮やかな色よ。爽やかな朝の一番を迎えたのです。何よりも一番です。
宮本 孝典 宇治
*入選作は講評を抜粋しています

白い夜 赤い服着た 配達人 伊川 慶二朗 岡崎
悴む手 擦って耐える 冬の朝 石川 皓大 岡崎
よく見たら あいつの短パン 海パンだ 大井 洋樹 岡崎
落ち葉踏み コートの季節と 感じけり 椚座 裕介 岡崎
夕焼けに 仲良く並ぶ 影法師 三大寺 悠樹 岡崎
FTY 夏の時季には 地獄かな 嶋田 隆 岡崎
ははははは ひひひひひひひ ふふふ冬 下山 裕也 岡崎
帰宅時に 人恋しがる 秋の空 長池 慎二 岡崎
休み先取り 角材片手に スイカ割る 服部 一輝 岡崎
ふと見れば 秋の寒空 衣替え 丸野 浩史 岡崎
首すぼめ 寄りそいしのぐ ハトが二羽 井戸川 寛 岡崎
夕立や 去った空には 光る虹 有田 稔 垂井
夏の富士 月夜に登る 無音道 上田 さゆり 垂井
風走る 月の夏富士 ほたる道 上田 さゆり 垂井
哀愁を 香りではこぶ キンモクセイ 梅田 茂樹 垂井
寒感じ 心に浮かぶ 郷の景 岡田 清一 垂井
風に舞う 落葉踏みしめ 急ぐ家路 岡田 清一 垂井
まどからは 見える紅葉 気品ある 岡田 ひで子 垂井
見えるのは あたり一面 銀世界 岡田 ひで子 垂井
秋風が 気持ちいい 木の木陰 岡田 ひで子 垂井
秋を待つ 染まらぬ葉っぱ いとおしい 河島 秀明 垂井
夕焼けに ポツンと光る 一番星 河島 秀明 垂井
風鈴の 音色に誘われ 夏が来る 河島 秀明 垂井
鈴虫の 鳴き声を聞き 秋感じ 木村 良平 垂井
栗ごはん なごむ食卓 ほっこりと 木村 良平 垂井
雪の道 スタック多い 四駆何故 黒川 利勝 垂井
ギャンブラー 財布の中は 厳冬か 黒川 利勝 垂井
今年もか 仕事地獄の 大晦日 黒川 利勝 垂井
秋の風 吹けば吹くほど 木の葉舞う 小林 昌広 垂井
秋空に 映える白雲 燃える赤 駒沢 裕 垂井
赤と黄の 落ち葉つないだ パッチワーク 駒沢 裕 垂井
夕暮れ時 いっきに寒さ 冬きたる 佐竹 高明 垂井
ひがん花 秋のおとずれ すぐ終わる 佐竹 高明 垂井
すず虫の 鳴き声を一つ 秋の声 佐竹 高明 垂井
見えぬ音 あちらこちらと 虫の音 佐竹 高明 垂井
月光る それをながめて 平和だな 佐竹 高明 垂井
秋風が 葉っぱを散らす かれ木たち 佐竹 高明 垂井
水面に 赤く写るは もみじの木 佐竹 高明 垂井
夕暮れに 銀杏黄葉で 凌ぐ雨 土田 誠 垂井
照らし出す ふたりの上に 星月夜 土田 誠 垂井
秋風に ふかれて落ちる かれ葉かな 土田 誠 垂井
夜空見て 空にオリオン 冬来る 土田 誠 垂井
冬になり 寒くて布団 出るの嫌 土田 誠 垂井
マスクして メガネがくもり 冬が来た 土田 誠 垂井
赤色の きれいに染まる 紅葉に 中島 好弘 垂井
山に来て きれいな紅葉 胸躍る 長田 直樹 垂井
夕暮れに 白い三日月 はにかんで 長田 直樹 垂井
秋風に 天下分け目の 古戦場 西川 朋二 垂井
秋風に 山すそ田んぼ 彼岸花 西川 朋二 垂井
秋の空 水面に浮かぶ 照り紅葉 野田 具隆 垂井
振り返り 真っ赤に燃える 秋の山 福士 滉也 垂井
秋になり 山や木たちも 衣がえ 藤川 良謙 垂井
夕日見て 秋の深まり 感じいる 森 忠章 垂井
赤とんぼ なかよく夕空 とんでいく 柳田 勇 垂井
秋の空 キラキラとかがやく 星もよう 鷲田 昇平 垂井
さんぽ道 いちょうなみ木の お出むかえ 鷲田 昇平 垂井
もみじ見て まんじゅう想う 故郷かな 田頭 遼 宇治
芋掘って 落ち葉集めて よだれだす 奥田 一雅 宇治
秋晴れに ポケモン探し レッツゴー 小山 勝 宇治
失言に 足の引き合い 安倍内閣 森下 晃希 宇治
コートなど どれでもいいから 早くして 藤井 維臣 宇治
くるくるり 落ち葉舞い降る 静寂の道 赤澤 信和 常盤